検索機能・二次加工

検索機能

検索は5種類用意されています。

検索機能 機能の説明
全面検索
  • 無条件に帳票上の全ての文字を検索して、その文字列を含む行にジャンプします。
キー検索 
  • 帳票上の特定の列・項目を「キー」として登録し、検索します。
  • キーはあらかじめ画面より登録します(最初に1度だけ)。
  • 品名や数量などの列を指定する「列キー」と、1ページに1ヵ所の「ページキー」があります。
  • 全面検索と同じく、その文字を含む行の色を変え最初の行にジャンプします。
  • インデックスを作成するので極めて高速に検索可能です。  
絞込検索 
  • 基本的にキー検索と同じようにキーを指定して検索します。
  • 検索結果を二次加工のために利用します。
串刺し検索 
  • 同一帳票の複数世代分を一気に検索できます。
  • 全面検索、キー検索、絞込検索のそれぞれが可能です。
 名寄せ
  • キー検索の条件にあった行を集め、新しい帳票を作成します。
  • 絞込検索とは違って、元の帳票通りに表示されます。

 

 二次加工

  • 設定されたキーに条件を与えて、条件に一致した行のデータを切り出します。
  • 出力方法として、「Excel起動&貼り付け/クリップボード/ファイル出力/表示」が選択できます。
  • キー登録と同じく、画面で矩形を設定することで列を定義し、表計算のセルに対応付けます。
  • 複数の帳票を同時に表示可能です。
  • 複数行にまたがる情報を1レコードとして切り出す事ができます。(ブロック設定・複数行同時絞込) 

 

 

ページの先頭へ戻る