オープン帳票対応

オープン系システムの電子帳票化

  • WindowsシステムやUNIXシステムからの出力帳票も、電子帳票化が可能です。
  • CSVまたは固定長TEXTを入力ファイルとして、帳票設計ツールでレイアウトします。それを電子化する仕組みです。
  • 設計ツール毎に用意されたPandora-AX専用の「グリッド(マス目)」で設計する必要があります。既存の帳票は注意が必要です。

オープン系システムの電子帳票化

利用できる「帳票設計ツール」は、7種類あります。 

  1. SVF(Super Visual Formade)   ウイングアーク1st株式会社
  2. Create! Form                      インフォテック株式会社
  3. PrintProServer2.0                JBアドバンスト・テクノロジー株式会社
  4. WebSAM Rakuform               日本電気株式会社
  5. EUR                           株式会社日立製作所
  6. CoReports                          株式会社エイチ・オー・エス
  7. CROWNIX Report 6.0       日本エムツーソフト株式会社

※SVF(Super Visual Formade) は、ウイングアーク1st株式会社の登録商標です。
※Create! Form は、インフォテック株式会社の登録商標です。
※PrintPro は、JBアドバンスト・テクノロジー株式会社の商標で、JBCCホールディングス株式会社の登録商標です。
※WebSAM Rakuform は、日本電気株式会社の商標です。
※EUR は、株式会社日立製作所の登録商標です。
※CoReports は、株式会社エイチ・オー・エスの登録商標です。
※CROWNIX は、日本エムツーソフト株式会社の商標で、エムツーソフト社の登録商標です。

帳票設計ツールとの連携イメージ

 帳票設計ツールとの連携イメージ

ページの先頭へ戻る