中小企業向けERPとは

中小企業向けERPとは 基幹システム
中小企業向けERPとは

ERPという言葉を聞くことがふえてきていませんか?おそらく基幹システムとセットで出てくることが多いキーワードですので、社内システムを見直しされる時など検索で引っかかることが多いのではないでしょうか?
販売管理、財務管理、売上管理、給与計算、、在庫管理、物流システムなど会社を運営されている際には、その会社にあったシステムを導入されていると思います。
しかし会社の規模が大きくなるにつれて、導入するシステムがふえていきます。

ERPのーズとしてしてはとくに中小企業の方で、社内のシステムを効率化したい!というご要望にお応えするものになります。

社内のバラバラなシステムを一つに統合し最適なシステムとして活躍してくれるのがERP。
こちらの記事ではERPについて簡単に説明していきます。

基幹システムとの関わりもありますので、事前に詳しく知っておきたいという方はこちらの記事をおよみください。

ERPって?

ERPってそもそも何なのか?よくある英語3文字が並ぶビジネス用語みたいですね。しっかり意味のある3文字になっていまして
E (Enterprise 企業)
R (Resources 財源,資力,資産)
P (Planning 計画)

の頭文字から成り立っています。文字でみると少しイメージが付きやすいかと思います。会社を運営していく上で、お金の出入り、会社の資源、製品の売り上げなどをすべてを一元管理してくれるのがERPということになります。 ERP=システム名称となります。

導入メリット

ERPを導入することは大変大きなメリットを生むといわれています。なぜなら、会社として、経営者として知っておかないといけないお金の流れをすべて見える化に出来るからです。それにより、現在の運営が健全なのかどうか、次に企画している生産計画について問題がないか、などについて様々な数字を一元管理することにより、今まで見落としていたようなお金の動きが見え、生産性の向上や、効率化を図ることができます。何よりも、社内にある様々なシステムを【一元管理】出来るようになることが最大のメリットでもあります。

どんなシステムが一元化に?

ERPは社内のシステムを一元化したシステムの総称でもあります。会社を数年やっていると、在庫を管理しないといけない!従業員の給与を計算!財務状況の確認のため! など何個もシステムを導入していかれることだと思います。しかしそれば増えていくと、管理が大変になります。システム連携ができないため、規模が大きなっていくと収集がつかないという会社様も多いようです。
例えばどういったシステムが含まれるかといいますと、販売管理、在庫管理、購買管理、財務関係などです。

ERPで出来ること

ERPは社内のシステムを一元化したシステムの総称でもあります。中小企業向け基幹システムとは少し違います。会社を数年やっていると、在庫を管理しないといけない!従業員の給与を計算!財務状況の確認のため! など何個もシステムを導入していかれることだと思います。しかしそれば増えていくと、管理が大変になります。システム連携ができないため、規模が大きなっていくと収集がつかないという会社様も多いようです。
例えばどういったシステムが含まれるか説明します

販売管理

これまで実店舗だけで運用されていた企業様が、ECサイトを立ち上げられたち、楽天、Yahoo、Amazon、Q10やオークションのヤフオクやメルカリ、ラクマなど販売チャンネルを多く持たれることが増えてきています。このような状態で在庫管理は大変・・・という時にERPであれば複数店舗の管理が一つで出来ます。

在庫管理

販売管理のご説明分で少し触れた部分ですが、では在庫管理としても大変優れています。実店舗からオンラインストの在庫数をすべてERPで管理することによって、在庫切れを起こした際、各店舗の在庫を0にしなくても、管理画面で在庫数を調整。そのため、在庫管理は大変簡単なものとなり、従業員の負担を経変、ユーザーからのクレームも減らすことができます。
また物流システムのWNSとの連携も可能

財務会計管理

販売システム、在庫システムなどでそれぞれで入力、管理していた経理業務もERPで一元化することで入力は1つで済みます。これまで2重チェックなどで、チェック業務だけで大変労力がかかっていた負担が激減します。すべて数字は上流から下流までERP内でチェックできます。

その他システムとの連携

その他にもやマーケティング管理のプロジェクト管理などの営業支援や人材管理、ビジネスインテリジェンスなども一元管理できます。

企業様によって、サービス内容、業務内容はそれぞれですので、ERPのパッケージを前提にカスタマイズを検討されることをおすすめいたします。

ERPを導入するまでに知っておくこと

ERPの歴史は古く、以前はパッケージを購入するオンプレミス型が主流でした。自社で運用し、外部からの攻撃もされにくメリットもあり、好まれていました。しかしながら、自社でサーバーを準備、ソフトウェアは0から開発。ということもあり初期投資が大変高額なものになり、中小企業が手軽に導入出来るようなシステムではありませんでした。ですので基幹システム、ERPと聞くと「高い」「0から作るので導入まで時間がかかる」というイメージがあるかとおもいます。

オンプレミス→クラウドへ

2007年ごろより、オンプレミスが主流だったところから、クラウド型が進出してきました。クラウド型であれば、サーバーを用意する必要もなく、導入まで1週間くらいで出来たりするようになりました。
そこから、開発費も抑えられ、汎用性のあるERPが多く出てきたため、導入費用が右肩下がりになってきました。現在では月額7万円から導入できるERPも誕生し、中小企業でもお手軽に導入出来るシステムとなってきました。オンプレミス型とクラウド型の違い

導入前に開発会社としっかりと相談

基本的には、現在社内で利用している様々なシステムを一元化できると思って頂いて良いとおもいます。現在も利用されている昔からのオンプレミス型からの乗り換えでありますと、システムの仕様設計書などがあれば、そこから機能の有無、取捨選択を行いより使いやすいERPとして生まれ変わることが出来ます。さらに月額費用も安くなるのではないでしょうか。
 また新規で導入を検討されている場合ですと、まずは複数の開発ベンダーから資料請求をしてみましょう。機能が全て搭載されていて7万円から利用できるERPや、0からクライアントの要望にあわせて開発するERPなどそれぞれです。
 その際は、まず社内でどういったシステムを使っているのか、どういった部分で作業負担になっているのか、など企業の問題点を事細かくヒアリングしてくれる開発会社とプロジェクトを進められることをおススメします。

まとめ

今回はERPについて簡単に説明を記載しました。再度要点だけまとめますと

・ERPでは、販売管理、在庫管理、購買管理、財務会計などが一つのシステムとして利用できる

・オンプレミス型からクラウド型に変化してきたことで、導入費用がかなり安くなってきている。月額7万円など

・導入することで、作業効率、生産性がアップ。従業員の業務負担が減る。といったメリットが多い

以上の点から、中小企業は導入したほうがよいメリットがたくさんあります。以前のように導入だけで数百万、月額数十万などであれば躊躇してしまいますが、今は安くて機能が豊富なオールインワンのクラウド型ERPがありますので、まずは資料ダウンロード、無料デモ体験ができるERP製品を探してもらうところから始めてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました